ヤッコソウ

 高知の千年さんから珍しい「ヤッコソウ」の写真が届きました。

     室戸より出づる朝日や奴草    千年

 ネット情報によると、ヤッコソウは被子植物に属する寄生植物で、森林のシイノキなどの根に寄生するそうです。
葉緑素がないためキノコと見間違えそうです。高知県で発見され、牧野富太郎博士が「ヤッコソウ」と命名したそうです。
 日本では九州・四国地方に分布し、徳島県を北限とする。天然記念物に指定されているものもあるそうです。
 室戸岬近くにある二つの寺院に自生するヤッコソウが有名で、上部の雄蕊が取れ雌蕊が花の様に開く11月末ごろから見学者が多くなるそうです。
 最近、YouTubeで昭和30年代の時代劇映画を観ていますが、大名行列の先頭で奴さんが、いろいろな芸を見せるシーンがよく出てきます。その奴さんに姿が似ていると命名した牧野博士の想像力が素晴らしいと思いました。

画像



<拡大写真>

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック