テーマ:古代研究

能登真脇のこと <その5>

 前章までに述べたことを要約すると、最新の考古学によれば従来の縄文時代観は誤謬に満ちたもので実は世界に誇れる先進性を有していたこと。能登真脇に4千年住み続けた縄文人の心に思いを馳せたいがその術がないこと。つまり現代学問には文献のない時代や精神面を解明するに有効な手立てがないこと。さらに明治以前の日本と欧米の文化は真逆であったこと、このた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more